2017.7.6

プロピーラーvsスピードピーラーの対決!親父の酒の量が飛躍的に増える!の巻き

こんにちは。店長の和田です。

 

マーフィー岡田が、プロピーラーを大ヒットさせてくれた矢先の裏切り。

 

テレビを見ていると

「これが噂のスピードピーラー!」

親父は絶句しました!

 

「岡田にやられた!」

 

信用していた仲間に裏切られた怒りはすさまじいものでした。

怒りどころか、いきなり会社が倒産する危険性もあったからです。

 

当時のプロピーラーの販売先は、実演販売業者さんがほとんどで個人事業者。

当然噂は広まります。

 

「和田さん、岡田さんにまねされたってよ、、、和田さんの会社もやばいかもね」

平然とみんなに笑われる立場に、、、

 

製造しているのも仲間内の会社。

販売元は、「一興」という昔ながらのつきあいのある会社でした。

 

親父は、怒り狂い毎日のように酒を飲んでは、「一興」に電話。

 

「このやろーまねしやがって、、、」

 

ほぼ仕事どころではありません。

ここでもう1つの問題が、、、、。

実演販売の人をメインに販売していましたが、

たとえば今月、その得意先に100万売ったとすると、実演販売の人は、全額を払ってくれません。

 

「今月金ないから 50万だけ払う、、、」

 

この調子で売掛金(未払い)がふくれあがり、最終的に未払い金1000万を超えるまでになっていました。

 

すでに黒字倒産してもおかしくない状態。

中には、トンズラして消息不明の人とか、、、

ただでさえこんな状態だったのに、岡田の裏切りで追い打ちをかけられる始末。

 

売ってもそのお金が入ってこない、、、。

お金を催促しても、「商品出してくれないと、払うものも払えないだろ?」と開き直り、、、。

すでに実演販売の噂で和田商店には金払わなくても大丈夫という噂が出回っていたようです、、、。

 

マーフィー岡田のスピードピーラーの発売で、もう1つきつかった問題。

先ほど言ったとおり、最後の売掛金100万を払わない!

これが大変でした。

 

まねをしたのはいいが、最後の支払いをしない、、、。

和田商店とはつきあわないから、もう払う必要がないという論理のようです。

 

毎月、売掛金を督促しても知らんぷり、、、

 

和田商店はプロピーラーを生み出したことで、人生が大きく変わっていくことになったのでした、、、