2018.9.10

業務用プロおろし復活に向けて。新しい製造元を探す。

製造元のサンクラフトがサジをなげた業務用プロおろし、今月で一旦在庫がなくなり、廃盤となります。

サンクラフトから、「もう製造できない」と一方的に通知を受け、

新しい製造元を探そうとしない、金型を返却しようとしない姿勢にいらだちましたが、

何とか良い方向に向かうべく、動いてました。

先週は、新潟三条にいき、新しい工場を周りました。

なんとか再販に向けて動き出せそうです。

今回の問題が起こったとき、

「もう業務用プロおろしはやめよう」、、とも思ってましたし、家族からも、もう廃盤でいいんじゃない?と言われました。

新しい製造元と話をして、業務用プロおろしをもう一度販売できるとわかったとき、

業務用プロおろしを雑な扱ってきた自分に気づいたんです。

プロおろしV売れば良いじゃん、、見たいな気持ちに。

でも

親父と悩んで悩んで作った業務用プロおろし、いざやめると愛着があります。

当時は、展示会で必死に売りました。このデカさに苦労しました。

でもおろしやすさは、一番。

それが時代とともに「デカい」というマイナスな要素ばかりが目について

「抜群におろしやすい」という長所を忘れていたんだと思います。

おろしVは正直、使いやすさ優先ですが、

業務用プロおろしは大根を輪切りにして、サイズをはかったので、めちゃくちゃデカかったですが、やっぱ、これが一番ですw

今はもう一度業務用プロおろしブレイクさせてやろうと思ってます。

今年は、運が良いと占いで出てますが、たしかに感じます。

このような細かな問題がとてつもなく噴出している年ですが、すべてなんとかうまく解決してますので。