2018.9.13

業務用プロおろし復活むけて

業務用プロおろし復活に向けて、先週に引き続き、新潟燕三条へ。

おろし金の製造元は確保しました。

あとはプラスチックの製造元だけ。

12月に再販できればと思って動いてます。

製造元の全員がサジを投げたこの業務用プロおろし、

自分一人で動いてようやく、もう少しのところまで来ました。

というか、業務用プロおろしって岐阜の関のサンクラフトに製造を依頼して、

新潟の燕三条で全部作ってるって、製造を依頼するときに関まで足を運んだ意味がなかったですが、、。

去年旅行先で占ってもらったんです。

「この1年は、細かなゴタゴタがあって、なかなか思うような1年にはならない」 と言われてその通りの1年です。

今回も、大きな問題になる前に何とか切り抜けて、結果、すべての案件がプラスな方向に進んでいます。

本当に変な年ですが、これを乗り越えれば、先が見えてきます。

 

業務用プロおろしなんて、もう終わった商品だ、あきらめよう。

何度も思ったんですが、今回再販に向けて動いて、

やっぱ業務用プロおろしが一番いいな、って思えてきました。

たしかにデカい、デカすぎます。でも大根おろしには、この大きさがベストなんです。

おろし金製造元の社長、会長とお会いして、よしやってやろう!という気持ちになりました。

発売までもう一歩、がんばります。